寝相が悪い原因

寝相@ガイド

寝相が悪い原因

寝相が悪いと泊まりに行くのも怖いですが、そもそも寝相が悪い原因は何なのでしょうか。
通常寝がえりを数回うつ程度は寝相が悪いとは言えません。むしろ寝相の悪さは人が健康的に睡眠する為には必要な事なのです。 寝がえりは神経や筋肉の疲れを解くために行っているといわれています。
子供がよく睡眠時に動きまわるのは、子供の方が大人より普段運動していることもあげられます。

ですが、中には度を超える寝相が悪い人がいますよね。そういう方の悪い原因はなんなのでしょうか。
先ず疑うべきは自律神経系の問題です。この神経が異様に疲れていると寝相が極端に悪くなるといわれています。
自律神経系の病気を患っている場合もあるので一度診察を受けるとよいかもしれません。

とはいえ、そのように悪い原因は重い事ばかりではありません。
例えば騒音。隣家や隣の部屋などから騒音があると人は無意識なうちに静かな方向へ寝がえりを打っていたり逃げて居たりします。
また、マットレスが柔らかすぎたり硬すぎても寝相が悪い原因に。
安心して寝れる場所や姿勢を探して必要以上に動きまわってしまうようです。

また、服装や環境が暑すぎたり寒すぎたりするとこれも寝相の悪い原因になってしまいます。
暑さのあまり布団をはねのけたり、寒さのあまり布団をたぐりよせたりと、しなくても良い動きをしだすのです。
寝る前に熱いお風呂に入っても同じ事が置きます。体温を調節する為に寝がえりを頻繁にうって体温を下げようとするのです。

余りにも寝相が悪くて困っている人は抱き枕を活用してみましょう。
寝相が安定して快眠できるようになる事が多いのです。毎日の事ですから上手につきあっていきたいですね。

2010 © 寝相@ガイドAllrights reserved.